ADHDはつらいよ

ADHDの男性が今の生活をつらつら書くだけです

2017年買って良かったもの

本当にお久しぶりです。ころすけです。

独身になって一人暮らしを楽しんでおります。

少しずつですが冷静に自分を見つめ直して、症状は良くなっていると思います。

 

少し無駄遣いをしているかもしれませんが、自分の特徴に対してご褒美として以下3つを買いました。皆さんにご紹介します。

 

 

2017年に購入してよかった物 ベスト3

 

 

1. iPhone X

  12月3日に手に入れました。予約して1ヶ月かかりました。

  今までiPhone 5sを使いましたが、今までと違うのは、

  新機能Apple PayFACE IDなどの新しい機能を使い便利さを感じてます。

  

  Apple Payでは、買い物時に現金不要、カード提示も不要。

  スマートに買い物している自分に快感を感じてます(笑)

 

  FACE IDは本当に一瞬で認証します。この認証作業で便利に感じるのはアプリで

  パスワード認証だったのが、フェイスIDを使えます。かなり楽です。

 

 

  あとはiPhone Xを買う前に待ち遠しくて買ってしまったこれ!! 

  このフィルムとケースは同じメーカのSpigenです。

  そのため干渉せず不器用な私でも簡単貼り付けられたので、オススメです。

 

 

 

 オススメの色はバーガンディです。色は金と赤紫で、アイアンマン色です。

   あまり使っている人もいなくてもお気に入りです。

  

2.本

 

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

 

 ADHDの僕の特徴として、文章能力ゼロです。

 仕事上で上司から薦められて読んだことによって、読みやすい書き方や表現、

 短くメールをまとめて送ることが出来るようになりました。

 

 

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 この本は、法則を学ぶことにより頭の中がとても整理されます。

 どんな事象のことを考えるにも、紙一枚に頭の中を書きなぐって整理される。

 雑念が多い私にはこの方式で仕事もスムーズになりました。

 他の本にもこのやり方を書いていますが、この方は法則を細かく説明しており、

 自分の中で簡単に始められることが出来ました。本当におすすめです。

 

 

3.仕事カバン 

 ADHDの僕にはこのカバンなしでは生きていけません。

 このカバンのオススメ部分は3点あります。

  (1)着脱可能キーリング(鍵がなくなりません)

  (2)収納たくさん(収納ルールを作れば、物がなくなりません)

  (3)3WAY(PCを持ち運ぶ人はショルダー必須です。スーツでも変ではありま

         せん。)

 

 

 

 

20代最後です。

どうもです。

20代最後の夜にブログを書かせていただきます。

男が一番油が乗ってくる30代に向けて、今までの人生を振り返ってみようと思います

 

0〜5歳 

 あまり覚えておりません 笑

6〜12歳(小学校)

 小学校時代は友達に嘘をついたり、自慢をしたり、目立ちたがりでした。

 また小学校の夏休みの宿題は、必ずといっていいほど前日にやり始める。忘れ物も多

 く、ほとんど教科書は全部持ち帰り、全部持っていくことを続けてました。

 友達と喋ることも好きで、マシンガントークで喋ってました

 ドラクエにハマりすぎて学校を休むなど不真面目だけど、真面目ぶって学校に通って

 ました。そんなか 小学校5年生のときに何が原因わかりませんが、いじめられてし

 まいました。やはりこのころからADHDの傾向があったかもしれません。

 

13〜15歳(中学校)

 いじめはそのまま続きましたが、自分のコミュ能力で違うメンバーと仲良くなり楽しい3年間を過ごしました。忘れ物と宿題は変わらず、期日がつくものは提出できなかった。期日に対する苦手意識がかなりあったと思います。

 

16〜18歳(高校)

 自分の目立ちたがりと衝動性がピークでグレてしまい、高校中退。通信制の高校に通いました。ここでグレているフリをしていた自分に対して、先輩がまじかっこ悪いと言われたことで、真面目に戻りました。大学受験の勉強を重ね何とか大学合格。

このときも勉強は頑張っていたが、計画性はなく、偏差値が上がらなく困りました。

 

19〜23歳(大学)

 一人暮らしを始め、朝は起きれず卒業単位はぎりぎり。課題や提出物は相変わらず苦手!また電車の中での忘れ物続出!!

 

24歳〜26歳(仕事)

 2年目から社内で一番不具合に悩まされる仕事を任せられた。仕事の効率が悪く残業時間も長かった。精神的にマイナス思考が強くなった気がする。

 

27歳〜29歳(お付き合い〜結婚〜離婚??)

 仕事も新しい事業を任せられ、立ち上げを行った。会社のなかでも少しづつ信頼を得られるようになった。今の奥さんとも結婚したが、ADHDが判明したことによって自尊心がどんどんなくなった。また家庭のことが出来ず、相手に迷惑をかけてしまい喧嘩が多くなり、卑屈になっていった。

 

30歳(今)

 奥さんとも別居を始め少しづつ自分を再度見つめ直すことが出来ていると思います。

 自分がADHDで悩んでいたことを次のブログで箇条書きにして、対策などを書こうと

 思います。自分のこれからの目標も作成して、前を向いて楽しく過ごしていけるよう

 頑張っていきます。

 

 

 

離婚のための公正証書

離婚が決まって、二人で本日公正証書をまとめました。

私はADHDで、言っていることが二点、三点してしまうということから、お互いの離婚後のお金について話し合いました。

自分が今まで相手に不快な分をお金に換算され、(100万円程度を私が支払うことが決まった。)今の私のこころはかなり辛く感じております。人生のなかでこんなにどん底に感じたのは初めてかもしれません。相手が一方的に支払うべきと言われ、もう自分の人生に嫌気がさしてます。

 

これからの私の再スタートは始まります。4月1日までは別居をすすめるためにまだまだ嫌なことを話合わなければいけません。

早く終わりにして相手と距離をあけて、平穏な暮らしを願います。

それまでに自分の心がうまく動くか心配です。自分がADHDということで、何かメリットがあったのか自分の人生を見返していろいろと考えてしまいます。

負けるな自分!

ADHDのことを馬鹿にしてきた人のことを見返したいです。自分のだめなところを逆に行動して、素晴らしい人間に駆け上がっていきます。

 

 

 

 

 

インフルエンザで寝込み、カラの怒濤の喧嘩

どうもお久しぶりです。

ころすけです。ADHDのカンセリングとブログ書くことを2ヶ月程度お休みしております。

理由としては、自分が精神科医に行くことによって自分の自信が崩れてしまうことと、そのカンセリングに行った日に妻にどんなことを話してきたかを説明すると、全然行っている意味が無いとどやされてしまうからです。

 

今妻と私の現状の出来事を時系列に書きます。

 

年末(離婚宣言)

 年末に妻と喧嘩をして、相手のご両親に以下宣言をしてきました。

 お互いの関係は離婚に向けて話し合っていきます。

 私の別居できるお金と妻の仕事が出来るまでは、一緒に住むようにします。

 なぜこんなことになったかというと、お互い酷く手がでるようになりどうしようもな

 い喧嘩になってしまったからです。

 相手のご両親からは、二人で考えたことなら何も言うことはない。

 お互いが幸せになるように話し合いなさいとのとことで、

 普通に今も妻と一緒に住んでおります。

 

年始(新たなADHDの取組み)

 私もどこかで、自分が改善できれば離婚せず、一緒に過ごしたいと考えるようになり

 その後普通に運動とグルテンフリー(パンを食べない)ようにしていたところ、

 私の衝動的な行動や、発言が減り妻との関係も良くなってきました。

 また今まで私の出来なかった対策(覚えられなかった対策)を冷蔵庫に付箋で貼り、

 毎日出社前に読み上げた。

 

1月中旬(妻VS妻姉の戦い)

 妻の姉が妻と二人きりになって、今の私達の関係性に対して、怒ったようです。

 宙ぶらりんな関係なのに、家族のイベントなどに連れてこないで。気を使うからな

 ど・・・と言われて帰ってきました。

 親に今の関係を色々と相談したけど、聞かれてほしくない姉に聞かれ、

 親からも本当はあんたらのこと嫌だと言っているよなどの

 またぎぎのことを言われた。影で相談しても誰も自分をフォローしてくれない。

 そのときに妻が「本当は私と別れたいのではなく、理解して話を聞いてくれる人がほ

 しい」とのことで、私は泣きました。

 今後の話し合いを2月上旬に設定して、何とか関係がよくなれるように出来ないかと

 私は考えておりました。

 

1月末

 先週の土日から風邪でダウンして,月曜日に医者に行ったところインフルエンザと

 診断され今寝込んでおり、何も出来ないのも申し訳ないと思い、洗濯物をしたところ

 ミスがあり、どうしよもない喧嘩に発展。今はさっさとかたをつけたいから、話し合

 いのアジェンダを出せと言われる始末。

 

その後はどーなるかわかりませんが、私もメンタルと体調でダブルでやられると少し疲れてきました。この会社をインフルで休んでいるうちに、色々人生を考え直したいと思います。

 

 

 

 

カンセリング3 11月版

どうもお久しぶりです。

ころすけです。先日は妻とうまく進められているとご報告してから一転して、

離婚の危機が起きております。

 

原因は以下です。

・私が妻から言われたことを理解できない

・妻が体調が悪いのに、気遣えない

衝動性が強く、勝手な判断、行動し始めたら止まれない

パニックを起こして、物に当たって脅したり、いい加減な態度を妻にとったり、

 自己感情コントロー出来ない

・発言が一転二転した発言や行動をする

 

 その中でも上記赤字となっていることに先生と話し合いました。

 

衝動性について

 

エピソード

  長崎に旅行に行き、船に乗って軍艦島行きました。しかしその日は土砂降りで、

  船の屋内と屋外席がありましたが、何とか私達は屋内席を取ることが出来ました。

  しかし景色が見たいのではと勝手に体調が悪い妻が思っていると私が勝手に思い込

  み、船上員の方と交渉してわざわざ土砂降りのなか屋外に行きました。

  勝手な思い込みをして、衝動性が止められず屋外に行った。

 

カンセリングの結果

 私が体調が疲れているときに衝動性が強くなっていることが多いので、

 なるべく疲れているときはお互い一人の時間をとるようにして、

 休息を取るようにすること

 

今回の旅行に行くスケジュールは、寝不足が続いており衝動性が強かったとことが

 わかった。 

 

今後の対策

 衝動前:

     1.自分の顔を鏡で見ながら、自分の感情を知るようする

     2.眉をしかめていたら、顔の緊張を笑って抜く

    

 衝動後:

     1.自分の非を認める。

     2.自分のしてしまったことをなぜ悪かったかの理由を伝える。

     3.今後の対策を考え伝える。

     (すぐ伝えられなかったら次の日までに伝える)

     4.喧嘩の次の日はデザートを買って行く

 

自分がパニックで逆ギレをしてしまった場合:

     1.まず自分がキレてしまったことを謝る

     2.自分が悪いと思ったこと伝える

     3.悪いと思った理由を言う

    

   

  

パニックについて

 

エピソード

妻と口論が激しくなり、いいわけ、衝動的な言動を言い、人にイヤミを言いながら妻の顔の目の前で人指ゆびを指した。妻はやめてと私に行ったが、やめず、妻から暴力を受けた。

 

カンセリング結果

  パニックが起きたときに何を今後気をつけるか、またどんな行動をすればよいか考

  えること。どんなフォローをスべきもあわせて検討すること。

  注意 一方的にパニック時にタイムアウトをとったりしないこと

 

今後の対策

  衝動性と同様の対策でフォローをする

 

一転二転する言動について

 

エピソード

 喧嘩中に相手の指示をもらっていることをミスしてやりそびれていたことときに、

 本当はやろうと思っていたなどと話しあとに、もともとやる気はなかったなど返答が

 一転二転してしまう。

 

カンセリング結果

 夫婦としてどういう関係であるべきかを考える。

 また衝突しやすい会話や行動はどのようなことか考える。

 

こんなこんなでカンセリングの後も家に帰って、怒られました。

自分の衝動性が収まるように意識して,おさえるよう気をつけていきます。

  

 原因

  相手の意見のせいにしたり、相手の責任と思うため,意見がぶれてしまう。

 

 今後の対策

  1.相手の立場に立って自分の何が悪かったかを検討する

  2.相手に言われる前に自分から考えて行動すること

    (人に言われると相手のせいにするから) 

  3.自分の軸を持つこと(人に物事を教えられる人になりたい)  

 

カサンドラ妻とADHDの私のカンセリング 2

どうも!最近少しづつ夫婦仲が良くなりつつあるころすけです。

9月5日夫婦でADHDのカンセリングに受けて、先生と相談した今後の行動を皆さんにご紹介していきます。

 

まず先日8月に行った時先生からの受けた宿題のご報告です。

 

前回のカンセリング時の宿題

 お互いの怒りの具合を温度計に例えて、お互いの怒りの認識を合わせる。

またどんなときに怒っているか、どんなパターンで怒っているかを先生に報告しました

 

先生への宿題報告 怒りのパターンについて

ころすけの小さいミス

→妻のイライラからの「何で出来ないの?」(妻怒り度:40%)

→ころすけ受け答えせず(ころすけ怒り度:20%)

→指摘して怒られていること分っているの?(妻怒り度:80%)

→ころすけが妻に怒られていること伝える(ころすけ怒り度:40%)

→怒られている内容が全く違う(妻怒り度:120%、ころすけ怒り度:80%)

 

1.相談内容

 人が思っていないっ突拍子もない行動を取る(空気が読めない)

 

 1.1相談内容の背景

  お弁当の具は妻が作ってくれるのですが,お弁当に詰めるのは私がしております。

  私が過去に汚く詰めたことにより,妻から怒られたことが有り確認をとるようにし

  ました。しかし今回は詰め方ではなく、その依頼の仕方が失敗してしまった。

 

  1.2問題の行動

   妻がお風呂に入っているのにもかかわらず、お弁当を持って行き、

   お弁当詰め方を妻に確認依頼をとってしまった。

 

  1.3今後の行動

   相手の時間を確認して、今大丈夫かと確認してから話しかけるようにする、

 

 

 2.相談内容

  プライベートやデートの計画ができない

 

  2.1背景 

   友達5〜6人のキャンプの予定を立てて日時は決まっていたが、

   用意するもののアナウンスをかけなかった

 

  2.2問題の行動

   実行日ギリギリに奥さんに丸投げをした。

 

 

  2.3今後の行動

   旅行等などの計画ややりたいことなどを計画するときに、一緒に責任を分担して

   実行していく。

 

今後の行動と課題について 

 前回の宿題の中で怒りのパターンが見れたので,次に以下の項目を実施しようと

 先生からのアドバイスがありました

 

  自分の精神状態や行動のパターンを理解して、

  自分の気持ちや行動の理由を相手に伝える

  また冷静になって自分の気持ちをどうなって 

  いるか考え伝える。

 

  次の宿題

   冷静になる方法を考える。

 

 

  

カンセリング前の8月の状況見直し

どうも!ころすけです。今回もつらつらと報告をさせてもらいます!!

8月8日にカンセリングに行ってからの状況報告

1.物事を勝手に思い込んで言ってしまうこと
 →カンセリングは自分に罰を与えて、

        思い込む状況を事前に立ち戻れる

        ように学習する。

  このカンセリングを受けての実行内

       容は,「妻から勝手に思い込んでる

       よ」と言われたら,500円を妻に支払

       うことを罰として反省をしながら実

       行した。

 今後の対応
  罰がお金を支払うという方法は,
  反省をしない気がするので,
  勝手に思い込んだ場合は,

       ノートに記載して,なぜ思い込んだ

       かを考えるようにする


2.妻が言っていることを自分が言ったかのように話してしまう。
  →カンセリングの内容は、ヒートアップしない方法を考える。

 背景は
  喧嘩がヒートアップして,

       物事を冷静に考えることができなく

       なり相手の言葉を
  そのまま言ってしまっていた。

  実行した内容は,相手の言葉を怒り

       の言葉と受け取らず,
  ポジティブ変換して,理解するよう  

       にした。
  
一緒に生活したくない→改善できれば一緒にいたい。
かなり無理くりだが,すこしは気持ちが楽になる。

今後の対策として,
今後も同じようにポジティブ変換をしていく。

 
3.相手に物事をうまく伝えられない。
  →カンセリングの結果は、
お互いの怒り具合を温度計と例えて,
怒りの度合いを確認する。

背景としては怒られてしまうと、
しゃべれなくなってしまうため、
相手がどの程度の具合で怒っているかの指標を作る。

今回は,この確認中に喧嘩が始まってしまった。
しかしお互いの怒りがどのようにして、
増幅していくかが分かった。

怒りの流れ
私の失敗(原因)→妻からなぜ失敗したかの問合せ(理由を聞く)→私返事なし→妻からなぜ私(妻)が怒っているかの確認→
私が妻の怒っていることを言う→怒っている内容を理解していないので妻怒り→堂々巡りで3時間怒りっぱなし


怒りの原因
  私の反省点は、怒られていることに言葉がつまってしまい,相手が怒っている内容を忘れてしまうまたは勘違いしてしまう。

  今後の対策は
   事前にこの流れを変えるために,

           相手の怒りを何かを考え、
   冷静に自分の取った行動を相手に

           説明するようにする。
    
 9月5日にカンセリングに行くので、

またその時のお話はブログに書きたいと思います。